【販売スケジュール】4月21日現在

4月21日現在、最初のはちみつの販売開始はゴールデンウィーク明けを予定しております。

先日の暑さで花の開花期間が短くなり、結果はちみつが貯まる前に桜や菜の花が終わりそうな雰囲気です。
また、例年よりミツバチの状態が良く、どんどん産卵して数を増やしておりますが、結果はちみつをたくさん食べ、収穫のできる余剰がありません。

販売開始までもう少々お待ちください。

**********

▼instagram#はちみつ草野
https://www.instagram.com/hachimitsu_kusano/?hl=ja

▼はちみつ草野OnlineShop
https://mitsukusa.thebase.in/

ミツバチからの搾取

先日の全4回の展望シリーズを受け、いくつかお問合せをいただいたので回答。
特に重要なのは最後の③です。

  **********

①販売価格、送料無料の関連について
養蜂業界も、他の業界と同じく年々資材が高騰しております。
不足状況がひと段落したら元の価格に戻ればいいのにと思いますが、なかなかそうならないものです苦笑
合わせて昨年の大凶作が引き金となり、はちみつ草野は存続の危機に陥っております。
販売価格を上げることも一つの手であろうと思いますが、まずは自分のところでできることを考え、
  ・販売価格は据え置き
  ・600g、1200g等のサイズを減らし、サイズをまとめることで、資材のコストダウン。
  ・送料無料ラインを5050円から6000円に変更
  ・パッケージの見直しによりコストダウン(後日公開
そういった形の努力とさせていただきました。

  **********

②注文方法の変更について
おかげさまでご注文数は年々増加しております。
そうした中で
  ・FAX注文中止
  ・電話注文中止
  ・SMS注文中止
  ・直接販売はちみつ草野OnlineShopのみ
とさせていただきます。
理由は、そもそも草野がミツバチを飼育する時間を圧迫し始めたからです。
このままいけば、皆様に選んでいただいているはちみつを収穫することができなくなります。
申し訳ございませんがお客様対応の時間を減らし、良い蜂を育て良い蜂蜜を採る、根本的に大切なところを重視させていただきました。
それと私生活の変化もありますが、これはまたどこかで…

  **********

③そして何が変わるの?
ワクワクしてるのは草野だけでしょうか笑
はちみつが手に入らなくなるんじゃ?と心配の連絡もいただいております。
①や②のような物理的な変化は基盤整備で、その他に草野の心構えが変わります!
とても抽象的!!

例えば食料品や、衣料品、その他多くの商品が海外から日本に入ってきます。
その中には、過酷な労働条件で、半ば搾取されるような形で生産されているものもあると聞きます。

それをミツバチの世界に置き換えてみてください。
ミツバチから搾取したはちみつ!と念じながら食べてみてください。
美味しいはずがありません。

ここでいう搾取とは、無理なはちみつの収穫のことです。
例えば、『桜のはちみつが美味しいから欲しい』と言われれば草野も人です、それを採ろうと頑張ります。
年によってはそれは容易ですが、そうでない年もあります。
そんな時、『頑張ってとりあえず桜にした』というのをやめます。
この『頑張って』は草野か、ミツバチか、天候か、そういう変な頑張り方のはちみつは収穫しません。

これはどんなはちみつですか?
幸せミツバチから収穫したはちみつです。

  **********

▼instagram#はちみつ草野
https://www.instagram.com/hachimitsu_kusano/?hl=ja

▼はちみつ草野OnlineShop
https://mitsukusa.thebase.in/

【販売時期】2022年産はちみつ

2022年産はちみつの販売開始は例年通りであれば

山桜など … ゴールデンウィークごろより
アカシア … 6月上旬
海辺の花々 … 6月下旬
里山の花々夏搾り … 7月中旬より

と続いて参ります。
例年の山桜にあたるものが最初かと思われますが、新しい枠組みでの販売となり、名称が変わる予定です。
合わせて、アカシア以外のものは全て新しい枠組みの名称となります。
こちらの発表はもう少しお待ちください。

送料、商品ラインアップ、注文方法変更のお知らせ

2022年度産はちみつの販売に関しまして現在決定している変更点についてお知らせです。

①オンラインショップの送料無料となる金額を6,000円以上とさせていただきます。
②はちみつの600gビン、1200gビンの販売終了。
③Honey whipの販売終了。
④ギフトボックス2個、ギフトボックス3個の販売終了。
⑤熨斗サービスの終了。
⑥FAX注文サービスの停止。
⑦SMS注文サービスの停止。
⑧電話注文サービスの停止。

楽しみにお待ちいただいている皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

  **********

前回の投稿のシリーズでお伝えしましたように、養蜂を取り巻く状況は年々悪くなる一方です。
そういった不安定な中で続けていくにはどうするか、という中での決定です。
今後のサイズのラインアップは

220gビン
300gハンディハニー
1000gスタンドパック

の3種類とさせていただきます。

③のHoney whipに関しまして、適切な材料(菜の花の含有量が高いはちみつ)が収穫困難となり、満足いく品質のものが提供できない状態が続いておりました。
一度見直し、今後また適切な材料の収穫が行える状況になりましたら、販売を考えております。
収穫が行えなくなったのは、収穫地が変わったからで、当初より桜のはちみつの含有量が多くなってしまいました。

⑥⑦に関しまして、直接販売ははちみつ草野OnlineShopのみとさせていただきます。
注文数が増え、販売方法の多岐化が本来の業務であるミツバチの飼育の時間を圧迫しているからです。

  **********

今後ともよろしくお願いします。

第4回『これはどんなはちみつですか?』

◎『これはどんなはちみつですか?』
×『これはなんのはちみつですか?』

  ***********

ここに何かまとめを書こうと考えたけどまとまらなかった笑

消費者目線で考えることは商売として大切だろうけど、その消費者目線も色々。

自分に最も負荷がない正直な方法で、そしてそこに出来うる努力を足して、実現できる養蜂業を目指したい。

これを5年間の目標にしよう。

  ***********

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

抽象的な話が続きましたが、次の5年間で草野が具体的に何かしたいことは

①はちみつの採り方
②日本ミツバチ
③有機養蜂

大まかに以上の3つです。

今年も良いものを提供できるよう頑張っていきます!