セイヨウミツバチか、ニホンミツバチか

最近あった問い合わせ内容の話題。

どちらがいいと思います?笑

ちなみにはちみつ草野で飼育しているのはセイヨウミツバチです。
(注:結論、どっちがいいという話題ではないです)

  **********

日本にいるミツバチは2種類。
セイヨウミツバチと、ニホンミツバチです。
同じミツバチはミツバチなんですが、異なる点が多く、同じようには飼育できません。

  **********

さて、ここからは草野個人の考えで万人に当てはまるわけではありません。

セイヨウか、ニホンかと言われればニホンと答える方が多いかと思います。
なんとなくセイヨウ〜なんていうと外国から入ってきた外来種的な響きに聞こえてもおかしくありません。

では、なぜはちみつ草野はセイヨウミツバチなのかというと、

  『養蜂業を始めた当時、じいちゃんが飼育していたから』

というのもありますが、ある程度経験を積みいろいろなことがわかってきた今思えば、

  『そもそも選択肢はなかった』

といったところでしょうか。

ニホンミツバチはどちらかといえばホビー向け。
なぜかというと、
①逃去癖があるので生業にしようとするとリスクが大きい
②蜂蜜を集める力はセイヨウミツバチに劣る
③セイヨウミツバチ最大の敵ヘギイタダニの被害を受けない
④温厚

対してセイヨウミツバチは生業向け。(もちろんホビーにも)
なぜかというと、
①逃去癖がない
②蜂蜜を集める力が強い
③攻撃的にもなりうる
④増やしやすい
⑤移動が容易

そういうわけで、ニホンミツバチでは生活していくのはとても厳しいなと思います。

  **********

しかし時代は変わって、なんでも仕事にできる時代になりました。
「それを生業としてやっていけるんだ」
「それは思いつかなかった」
という場面が増えてきました。

ですのでニホンミツバチも、やりようによっては十分生業になりうる時代になったのかなと思います
(実際生業にしてられる方もいるでしょう)

うーん、まずははちみつの値段10倍からかな笑

  **********

最後に、それぞれのミツバチのいいところを一つ挙げるとしたら、

ニホンミツバチ
→自生しているものがほぼなので、その地域の自然環境のバロメータになる

セイヨウミツバチ
→数をどんどん増やして移動できるので、野菜果樹の花粉交配のお手伝いに行ける

【2022年産はちみつ詳細2】里山5.16

まずはスプーンで口に運んで香りを楽しむ!
それが新鮮なはちみつの証。

【収穫日】 2022年5月7日〜5月16日

【収穫場所】 新潟市旧岩室村、旧巻町

【主な蜜源】 藤、タニウツギ

  **********

里山5.7と場所を同じくして、その後の花のはちみつです。
ウワミザクラがなくなり、藤が咲き始めるタイミングを境にして収穫を始めました。


遠くの杉の木に巻きつく藤


タニウツギ

比較的マイルドで食べやすいはちみつです。
それもそのはず、藤はアカシアと同じマメ科。
マメ科はどれも穏やかで食べやすいです。
アカシアでは少しパンチ力が足りない…そんなあなたにぜひおすすめ

はちみつ収穫予定等

里山の花々5.7が、はちみつ草野OnlineShopで販売開始!

藤の蜂蜜 5月23日ごろ販売開始予定
アカシア 5月30日ごろより販売開始予定
海辺の花々6月中販売開始予定
里山の花々6月中に1つ、7月中に1つ販売開始予定

  ***********

さて、そういえば新パッケージ・・・?
実はいただいたサンプルに納得がいかず、材質選びからやり直しましたので、途中で新パッケージに移行です。
おそらく海辺の花々ぐらいかとも思います。
それに合わせて、すでに販売を開始しているものも新パッケージに直します。

  **********

相変わらず今年もアカシアは早そうで、いや困った困った。
この時期の1日のミツバチの成長は物凄い。
できることであれば花は遅めに、そして6月10日にアカシアが終わる感じ(だいたい梅雨の雨が降ってくるのがそのくらい)のペースで咲いてほしい。

【2022年産はちみつ詳細①】里山の花々5.7

まずはスプーンで口に運んで香りを楽しむ!
それが新鮮なはちみつの証。

主に菜の花、桜の百花蜜。

【収穫日】 2022年4月11日〜5月7日

【収穫場所】 新潟市旧岩室村、旧巻町 (収穫までに上堰潟公園、聖籠町を経由)

【主な蜜源】 菜の花桜(上堰潟公園)、さくらんぼ(聖籠町)、ウワミズザクラ(新潟市旧岩室村、旧巻町)

  **********

※昨年までの商品で同じルート、同じタイミングで採っているはちみつはありません。

今年最初のはちみつです。


4月5日ごろ、新潟市西蒲区上堰潟公園、菜の花開花。


4月9日ごろ、上堰潟公園、桜開花。


4月11日、上堰潟公園の蜂のはちみつ収穫準備。


4月19日、そのうちの一部を聖籠町のさくらんぼ団地へ移動。

4月29日、聖籠町の蜂を新潟市旧岩室村へ移動。
5月3日、上堰潟公園の蜂を新潟市旧巻町へ移動。


5月7日、旧岩室村、旧巻町、AM7時ごろはちみつ収穫。

草野は早速、チーズ、ヨーグルト、コーヒー、ホームベーカリーと楽しみました。
わりと個性のある蜂蜜なので、個性のあるブルーチーズ、
さっぱりブリーチーズ、さっぱりヨーグルト、さっぱりコーヒーなのが草野は好きです。
温かいタイプの料理向きではないと思います。煮物はあまり得意ではありません。

セイヨウミツバチの幸せとは

結論から申し上げますと、草野自身、これに関して自信の持てる解答が得られていません。
今回はセイヨウミツバチにしか当てはまらないことがいくつか出てきます。

  **********

先日、娘の習い事で、『動物園の動物と、野生の動物どちらが幸せか?』というディスカッションがあったそうです。
そこらで野垂れ死ぬことが茶飯事であろう野生も嫌だし、自分が宇宙人に攫われて檻の中で行動を制限され観察されるのも嫌だし…考えれば考えるほど、深みにはまって答えが見出せません。

  **********

さて、先日こちらでみつばちの搾取について書きました。
そこでは、『無理なはちみつの収穫』を搾取としました。

いや、そもそもはちみつを採ることが搾取なんじゃない?
『余裕のあるはちみつの収穫』も根本的には搾取じゃないの?
みつばちの飼育自体が奴隷契約なんじゃないの?

電話で矢継ぎ早にこんな質問をされたら冷静に、丁寧に答えられる自信がありません!

  **********

そもそもセイヨウミツバチにとって人間、養蜂家は必要か?
学術的な内容は置いておいて、草野の10年の経験で導き出される答えは、

現状、必要です。

①最大の天敵、ミツバチヘギイタダニの存在。
春とても元気な蜂も、何も対策をしなければ秋には5割は全滅です。
そして残りの5割も冬を超える力を蓄えられず、翌春には全て全滅です。
大袈裟に書いたようで、実際そうなってもおかしくないのが現状です。
セイヨウミツバチ養蜂家にとって最大の課題です。

②天敵オオスズメバチの存在。
お盆過ぎに現れるミツバチハンターです。
ミツバチをとことん殺していきます。
この時期にダメージを受けると冬越えができず、翌春には全滅です。
養蜂家はひたすらオオスズメバチを退治します。

自然界の食物連鎖に放り出すと以上の理由で全滅です。
草野も養蜂家を始めた当初①、②で相当被害を被りました。
全て死んでしまった年もあったような…

③はちみつ溜すぎ問題
これはある意味うれしい悲鳴にして、最大の共存の理由かもしれません。
働き蜂はせっせとはちみつを運んできては巣に溜めていくのですが、それが活発になりすぎると、女王蜂の産卵の場所さえも埋めていきます。
そうすると赤ちゃんが生まれなくなり、その世代の仕事をするミツバチがいなくなり、ミツバチの社会構造が崩れ、全滅に向かいます。
ある程度のタイミングではちみつを取り出して(収穫して)やることで、産卵場所を確保します。
暑い時期に特に起こりやすい現象です。

大きくは①〜③の理由で、ミツバチが幸せに生きれるために養蜂家は必要だと思っています。
とりあえず、現在はそういう認識です。
自信は…あまりないですが、少なくとも今飼育しているミツバチをしっかり守ってやろうとは思っています。

はちみつ草野のミツバチが幸せだといいなぁ…

  **********

▼instagram#はちみつ草野
https://www.instagram.com/hachimitsu_kusano/?hl=ja

▼はちみつ草野OnlineShop
https://mitsukusa.thebase.in/